白ベルのカキカク

白ベルのアプリなど書きたいことを書くブログ

【知らなきゃ損!】リスティング広告代理店に120%仕事をさせるための魔法の一言

   

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MJ86_nakinoryu15151632-thumb-1000xauto-18412

リスティング広告の代理店を120%働かせる方法なんてあるわけが無いっと思うかもしれない。
けど、それはある。

正直言われる方は勘弁してほしい言葉である。
では早速、その言葉!

っで、私は何をすればいいですか?

スポンサードリンク

なぜ、この言葉で効果が上がるのか!?

まず、先に伝えておく必要があるのは、この言葉を言っても、何も変化が無いような代理店と付き合うのはやめた方がいい。時間と金の無駄である。

さて、この一言がズバッと効く理由は、

  • 1つのプレッシャー
  • 2つの理解が無いと返答不可

これである。

1つのプレッシャー

考えて欲しい。この言葉の裏にある真意は次になる。

あなたのことを信じています。私にできることはするから、売上をあげたい

これである。この言葉はかなりのプレッシャーになる。

言われた方としては、かなりくる。この言葉を言われて何も思わないのは、もともと本気で取り組んでいない証拠である。

2つの理解がないと返答不可

2つの知識とは、

  1. データの理解
  2. お客のビジネスモデルの理解

上記である。

まず、運用している以上、平均CPCなりROIやROAS。表示されやすいキーワード。コンバージョン(CV)しやすいキーワードなど理解していなくてはならない。それと同時に、そのデータから次の施策への導き方も理解していなくてはならない。
データの理解が無ければ、何をすればいいの?と聞いてくる相手に返答など不可能である。

次は、お客のビジネスモデルの理解だ。
これは簡単だろう。お客のビジネスモデルを理解もせずに、提案など不可能である。

まとめ

もし、リスティングの広告の効果が上がらないっと思ったら、ぜひ、この言葉を代理店に言って欲しい。
そこで、何もアクションをしてこないのであれば、その代理店とは付き合わない方が良い。

実際に自分が動けるかどうかはいらない。とりあえず何をすればいいの?と聞いてみることが重要だ。

相手はその道のプロなのだから、あなたが思いも及ばない低コスト行えるアドバイスを提供してくれるかもしれない。

 - ウェブ関係